眼科

専門スタッフによるサポート

1
2
3
日本では高齢化に伴い白内障手術は年間100万件行われています。
また生活習慣の欧米化やVDT(Visual Display Terminals)作業により様々な眼疾患も増えています。
眼科領域ではこの数年で新しい検査機器や手術装置が次々に開発され最新の技術を生かした治療法が導入されるようになり失明の回避だけでなく視覚の質も追及されるようになっています。
私たちは専門知識を身に付け眼科診療に貢献できるよう日々営業活動を通しお客様をサポートしています。
白内障手術は加齢性によるものが最も多いため、高齢化の進展による白内障関連の製品の需要は年々高まってきています。
眼内レンズは年間86万件の出荷を超えていると言われており、人工臓器市場の中では適応患者数が最も多くなっております。
眼科分野は、高齢化社会の進展で、視力維持の継続が確実に求められるでしょう。
視力矯正機器、ビジョンケア―製品の市場も今後も順調に推移していくでしょう。